08日 4月 2024
仏教の開祖であるお釈迦さまは、前5世紀頃の4月8日にネパールのルンビニでご降誕されました。生まれたときに龍が現れ頭から水を灌いだという伝承から像に甘茶をかけてお祝いします。(灌仏会(お花まつり))生まれてすぐに7歩歩き、右手を天に「天上天下唯我独尊」(意味=生けるものは全て尊い命を持つ尊い存在である)と申されたそうです。お釈迦さまは偉大ですね。もし誕生されてなければ、仏教は存在していませんし、日本もアジアも歴史や文化等は大きく変わっていましたでしょう。 4月6日、法性寺では写経の会が開かれました。参加していただきました皆さまには、甘茶を灌いでご生誕をお祝いしていただきました。一字三礼(さんらい)という言葉がありますように、皆さまは丁寧に心を込めて写経してくださいました。功徳甚多。 写経後のティータイムは、抹茶を点てたり雑談したりと楽しいひと時を過ごしていただきました。ありがとうございました。次回の写経の会は、6月15日(土)10時~12時を予定しています。 ●写真①②法性寺の桜。今が満開。③④法性寺のお釈迦さま像。⑤お釈迦さま生誕地ネパールのルンビニにあるブロンズ像です。10年前に撮ったもの。⑥現在はネットで見ると黄金色に塗られています。⑥写経の会の様子です。
24日 3月 2024
今年のお彼岸期間は、大荒れ(特に強風)の日が続きました。中日の法要時も雷雨注意報が出されており、空が急に暗くなり大変心配いたしましたが何とか勤修できました。多くの方々が法要やお墓参りに見えられて、ご先祖さまも大変喜ばれていると思われます。...
13日 3月 2024
一昨日アメリカ映画で最高の栄誉とされるアカデミー賞が発表され、山崎貴監督の「ゴジラ-1,0」が視覚効果賞を、宮崎駿監督の「君たちはどう生きるか」が長編アニメ賞を受賞しました。世界中の国で沢山の映画が次々とつくられている中で高評価され受賞されたことは、本当に素晴らしいことです。日本人として誇らしいです。...
07日 3月 2024
先月、教学研究所の公開研究例会が開かれ、各方々の素晴らしい研究発表の後、身延山大学学長先生の「内陸アジアにおける法華経の受容と展開」という講演がありました。お釈迦さまの教え(仏教信仰)は、インドから長い時間をかけて様々な民族やルートを経て拡がり、多くの人々の心の支えとなってきていたのだと改めて思いました。...
04日 2月 2024
「書道」をユネスコ文化遺産への提案が最近決定され、3月に日本政府からユネスコに対して提案書を提出、令和8年11月頃ユネスコにおいて審議されるそうです。理由は、日本の文化の多様性や深みを世界に発信していく。毛筆を用いて言語を表現する美的な技を大事に守っていこうということのようです。現在、筆記用具は種々あり、昔のように皆が日常的に筆を使って記録等することが少なくなってきてしまいましたので、衰退しないためには大変よいことと思います。 昨日は、法性寺では写経の会が開かれました。遠くからいらしていただいた方もおられ大変嬉しく思いました。(“有朋自遠方来、不亦楽乎” = 朋有り遠方より来る、亦た楽しからずや。『論語』)お手本に習って一字一字を丁寧に写していますと、心は落ち着いてきますし、新しい発見もあり僅かな前進をも感じることができて心地よいです。これからも楽しくできましたらありがたいと思います。次回は、4月6日(土)10時~を予定しています。 ●写真 ①書道の高校教科書。②~⑦昨日の法性寺。⑧懐かしい筆記用具の万年筆。以前は、一般的に使われていましたが、今はボールペンに変わりました。⑨懐かしい印刷機の謄写版。昔、試験問題をつくるのに使いました。鉄筆で蠟紙にガリガリと書き、謄写版の中に藁半紙を一枚一枚挟み込みインクをつけたローラーを押し転がして刷りました。今のロータリー式ができてなく大変効率の悪い昭和の代物でした。諸行無常です。
04日 1月 2024
謹んで新春のお慶びを申し上げます 皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。...
10日 12月 2023
今年もあと二十日、残り少なくなってまいりました。 1年経つのが年々早くなった気がします。分母が増えるからだと言われる人がいますが、感動がない日々を過ごしているからかもしれません。一日一日を大切に過ごしましょう。...
24日 11月 2023
作日は、お会式(日蓮聖人の742遠忌法要)に多くの方々のご出席をいただきまして誠にありがとうございました。 日頃、私たちを見守り、力を与えて下さる聖人のために皆で拝み報恩感謝いたしました。法要後は落語や食事をお楽しみいただきました。...
13日 11月 2023
イスラエルが、10月7日に急襲したハマスを根絶しようと1ヶ月以上もガザへの攻撃を続けています。「目には目を歯には歯を」というかその数倍も、これまでの怨念を晴らすかのように国際社会からの批判も無視し急進撃しています。避難所や病院も見境なく、パレスチナ人の死者は1万人を越えました。(イスラエル人の死者は約1400人。) その4割は子どもだとか。非人道的で大変恐ろしいです。 イスラエル人(ユダヤ人)もパレスチナ人(アラブ人)も、約3000年前からの対立で、安住の地をめぐり必死であることはわかりますけど、力による争いでは、遺恨は残りますし増加します。イスラエルは即時停戦し、話し合いに変えるべきです。 ★モーゼの10戒。 モーゼ(前16世紀か前13世紀のユダヤ人)が、『出エジプト』時、ユダヤ人のために神から与えられた10の戒め。神に対する4つの戒め以外の、他人に対する6つの戒めが下です。 〇父母を敬え。〇殺してはならない。〇姦淫してはならない。〇盗んではならない。〇隣人について偽証してはならない。〇隣人の家や財産をむさぼってはならない。以上。  人間としての最低の戒律(ルール)です。今のイスラエル政府は、なぜ守らないのでしょうか。 ●写真 ①~⑧―先月行われた木更津自衛隊の航空祭でのスナップです。飛行機を間近に見ることができるというので多くの人が集まりました。オスプレイは1機100億円、諸経費を入れると1機200億円だそうです。武器を必要としない平和な世界を願います。⑨―『出エジプト』のルート図。
01日 11月 2023
先日、三宅島に流されました先師のお墓参りに皆さまと行って参りました。 日蓮聖人の正しい教えを不惜身命の御弘通をされた先師は、体制側の寺院との考え方の違いにより寺社奉行に訴えられ、結果、三宅島に流されました。 正統院日尚上人(万治3年に流され在島15年、63歳で御遷化。『万治法難』)...

さらに表示する